20代前半の頃の肌はモチモチとしていて、触れたときに弾力を感じることが出来ますが、年齢を重ねていくうちに少しずつハリが失われ、たるみが目立つようになっていきます。毛穴の開きも目立つようになるので、若い頃のようなきゅっと引き締まった肌に戻りたいと思っている方があれば、テレビショッピングでおなじみのエステサロン化粧品で大人気ドクターリセラの透輝の滴(とうきのしずく)がお得にお試しできます。

とうきのしずく

 

ドクターリセラとは?

聞いたことがない人もあるかも知れませんが、エステサロン専用化粧品を開発し続けてきて、これまで2600以上もの店舗に提供してきたことで知られています。ドクターとともに商品開発に取り組んできた信頼できる会社なので、自宅に居ながらエステ並みのケアをしたい方は、透輝の滴を使うことをおすすめします。

ドクターリセラおためし

透輝の滴の主な成分は、ミネラル豊富な海洋深層水のα Gri-Xで、お肌の隅々まですっと届いて、トラブルに優しく働きかける効果が認められています。一般的な海洋深層水の場合は深度200~600mから採水したもので、脱塩処理の際、カルシウムやマグネシウム、ミネラルなどが抜けて真水になるので、あとから人工的に栄養を添加しなければなりません。しかしα Gri-Xの場合は、深度1400m+600mの海洋深層水と、やんばるの名水をブレンドしていて、脱塩、加熱処理はせずに、特殊製法で精製しているので、自然のままのカルシウムやマグネシウム、ミネラルが残っています。

透輝の滴の特徴は、α Gri-Xの成分100%で作られていることで、ボトルの中のすべてが美容成分なのが特徴です。一般の化粧品の大部分は水と油で出来ているので、有用成分はごくわずかしか入っていないのもあります。透輝の滴の特徴は他にもありますが、それはお肌を支えるハリ成分のGF(グロースファクター)およびGF様成分を、8種類も濃縮配合していることです。
お肌が本来持っている美しさを引出し、ハリや弾力を与える効果があるので、エイジングケアには非常に役立ちます。

とうきのしずくは、石油系界面活性剤、パラベン、合成香料、鉱物油、合成着色料などの5つの無添加処方なので、肌が敏感で荒れやすい人でも安心して使うことが出来ます。透輝の滴を実際に使用した方の口コミによると、ツヤが出たとか、ハリや弾力がよみがえった、すっぴんに自信が持てるようになったなどの良い意見が多く見られます。シミが薄くなった、しわが浅くなった、お肌が常に潤うようになった、毛穴が目立たなくなったなどの口コミもあるので、試してみる価値はあります。

ドクターリセラ透輝の滴 口コミ

エステサロン化粧品を調べているときに、ドクターリセラ透輝の滴という商品を見つけて、お試しセットを使い始めました。すでに30代も後半になるのですが、これまでニキビやそばかすなどのトラブルにも遭わず、正直あまり肌のことは気にしていませんでした。しかし、少し前に仕事から帰ってきたとき、ふと鏡を見て愕然としました。化粧をしているのに、シワやシミがわかり、肌全体がくすんで見えるのです。慌てて化粧を落とし、ドクターリセラ透輝の滴の石けんで、じっくりと顔を洗いました。その後、化粧水をつけましたが、ぐんぐん浸透していくのでびっくりしました。その後、トライアルが無くなるまで使い続けていますが、明らかに顔の色が明るくなりました。さすがエステサロンでも使われている基礎化粧品です。少々お高くはありますが、美容液だけでも製品版を購入する予定です。

 

若いころは「色白」が自慢だった私ですが、40代になりお肌のくすみが気になるようになりました。ドクターリセラ透輝の滴を使用してからは、肌のくすみが改善されて肌の色も明るくなりました。メイクのノリも良くなり見た目年齢も若返りました。また、年齢とともに気になっていた毛穴の開きも小さくなり目立たなくなりました。ドクターリセラ透輝の滴は容量も少ないので「すぐになくなってしまうのではないか?」と心配だったのですが、伸びがいいのでしょう数滴たらすだけでも顔全体に塗布することができます。一度使用したら冷蔵庫で保存しなければいけないので、その点に関しては手間ではありますが、その分品質を保つことができるし効果も絶大です。

 

「Drリセラ とうきのしずく」をお得に注文するには?

これは公式サイトで定期便を申し込むことですが、まず始めはスタートセットを利用することをおすすめします。スタートセット内容は、クレンジング、ウォーターベール、ソープ、サンカットクリーム、透輝の滴の10日間使える充実の5点セットになります。3,780円(税込)で購入することが出来るので、テレビ通販を見られて一度試してみたいと思われた方は、ネット通販でお申込みくださいね。

初回限定キャンペーン詳細ページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓